ベクター・ジャパン

(本メールは、これまでにベクター・ジャパン株式会社の製品購入、資料請求、イベント参加をいただいた方および弊社営業担当とお名刺交換いただいた方にお送りしています。)

貴社益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
 
本ニュースレターでは、ベクターの最新情報をお届けします。
弊社Webページでも常時情報をアップしております。是非ご覧ください。
www.vector.com/jp/ja/
 
 
ベクター・ジャパン株式会社
マーケティング・コミュニケーション部

Hot Topics
VectorCAST

新コンテンツ:はじめてシリーズ2種を公開!

「はじめてシリーズ」は、各種プロトコルやベクター製品の基礎知識を一から学べる人気のビギナー向け資料です。

「はじめての単体テスト」

「はじめてのvTESTstudio」

CANoe_SOA

CANoe/CANalyzer 14リリース

CANoeの新しいバージョン14では、SoA(サービス指向アーキテクチャ)やセキュリティ機能をより強化しています。また、ヘルプのフォーマットとデザインを一新するなど、ユーザビリティも向上しています。(※詳細:英語ページ)
 

詳細
CANoe4SW

ソフトウェアテスト用の新しいCANoeバリアント「CANoe4SW 14」リリース!

CANoe4SW(キャヌー・フォー・ソフトウェア)は、サイバーフィジカルシステムのソフトウェア開発/テスト/解析向けの包括的ツールです。自動車業界や他の業界におけるソフトウェア開発者とテスターを、開発プロセス全体にわたりサポートします。単一ソフトウェアコンポーネント、サブシステム、分散システム全体のテストに有効です。(※詳細:英語ページ)

詳細
Events
diagnostic

イベント情報

ベクター・ジャパンは2021年2月10日(水)に「車両診断の将来動向」をテーマにしたオンラインイベント「Vector Japan Diagnostic Day 2021」を開催します。
本イベントでは、外部から講演者をお招きし、技術的な内容だけでなく法規の視点からも講演いただく予定です。
イベントの詳細が決まり次第、ベクターWebサイトにてお知らせします。

Release
minimodule

コラム : 高機能・高性能化が進む自動車開発 - 車載アナログ計測ソリューションの重要性とは?

自動車開発の検証に際し、温度や加速度等の計測に必要なセンサーは電圧のようなアナログ出力の場合が多い一方で、これらの情報の記録や解析はデジタルで行われています。そこで欠かせないのが「車載アナログ計測ソリューション」です。
このコラムでは、車載アナログ計測ソリューションついて、ベクターの社員がわかりやすく解説いたします。

詳細
ベクターの最新事例紹介

ベクターの最新事例紹介

ベクターでは、お客様にお役立ていただける資料を随時ご提供しています。

バーチャルテストドライビングの標準規格

自動運転のための安全ソフトウェア - 高性能ECUの機能安全

電気自動車と充電ステーション – スピーディな連携を目指して

CAN XLによるIPのコンセプト

その他の導入事例
release

製品リリース情報

CANoe/CANalyzer V13.0 SP3向け日本語化キット

CANoeテストパッケージEVバージョン3.1

PassThru XL Libraryバージョン1.0 SP14

CANdelaStudioバージョン14 SP1

vFlash Remoteバージョン6.0 SP2

vMeasure expバージョン4.0 SP4

VectorCAST 2020 SP4

vTESTstudioバージョン5.0 SP3

CANoe.DiVaバージョン14

詳細