Vector Newsletter vol.3

(本メールはこれまでにベクター・ジャパン株式会社の資料を請求いただいた方、展示会・イベントでベクターブースにお立ち寄りいただいた方にお送りしています。)

貴社益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

イベント情報や製品リリースなど、ベクターの最新情報をお届けします。

ベクター・ジャパン株式会社
マーケティング・コミュニケーション部

注目トピック

 
> VectorCASTでの単体テスト自動化がおすすめです!
VectorCAST

将来的な車両開発ではAdaptive AUTOSARの採用に伴い、C言語からC++言語への移行、POSIX OSの採用といった変化があります。
VectorCASTはC++のクラス、継承、テンプレートなどの単体テスト自動化に対応しており、Linux、Integrity、QNXといったさまざまなRTOS環境上で単体テストを行うことが可能です。またR-CARやCUDAのテストに対応するなど、先進的な車両開発をサポートしています。
単体テスト自動化の詳細は、ベクターまでお問合せください。
 

 
> 人気のはじめてシリーズに「はじめてのAUTOSAR SecOC 」が新登場!
はじめてのAUTOSAR SecOC表紙

車載電子システムに関連した基礎知識や、ベクター製品の基礎知識を一から学べるビギナー向け資料はじめてシリーズに新しく「はじめてのAUTOSAR SecOC 」が加わりました!
詳細はこちら

 
> 臨時休業ならびに夏季休業のお知らせ

弊社の臨時休業ならびに夏季休業のお知らせを以下に掲載いたしました。ご繁忙の折、皆様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご高承賜りますようお願い申し上げます。
休業の詳細はこちら

 
> 「テレワーク・デイズ2019」に参加します
テレワーク・デイズ2019バナー

ベクター・ジャパンは、2019年7月22日(月)~9月6日(金)の1ヶ月間に実施される働き方改革の国民運動「テレワーク・デイズ」に、実施団体として参加します。
詳細はこちら

プレスリリース

 
> ベクターの「PREEvision」でAUTOSAR Adaptive導入の第一歩を
Vector car

ベクターはAUTOSAR Adaptiveの導入を簡易化するためのソリューションをご提供します。モデルベースのE/E開発環境である「PREEvision」は、エンジニアが既存のソフトウェア/ハードウェアアーキテクチャーをAUTOSAR Adaptive Platformを用いて拡張することを、総合的にサポートします。
記事へのリンクはこちらから

動画

 
> VectorCASTの機能説明
VectorCASTの機能説明

ベクターの「VectorCAST」を用いたテスト効率化について、デモ画面をご覧いただきながら分かりやすくご説明します。
視聴する

 
> vTESTstudio - キーワード駆動テスト
vTESTstudio-キーワード駆動テスト

vTESTstudioを使用したキーワード駆動テストについてご説明します。
視聴する

 
> vTESTstudio - データ駆動テスト
vTESTstudio-キーワード駆動テスト

vTESTstudioを使用したデータ駆動テストについてご説明します。
視聴する

 
> ベクターの新ライセンスモデル - マイグレーション方法
新ライセンスモデル-マイグレーション方法

ベクターの新ライセンスへのマイグレーション操作方法をご紹介します。
視聴する

 
> 会社紹介動画
ベクター・じゃぱん

ベクター・ジャパンの会社紹介動画を公開しました。
視聴する

サービスパックリリース

 
> CANoe/CANalyzerバージョン11.0 SP4向け日本語化キット
 CANoe/CANalyzer 11.0 SP4向け日本語化キット

CANoe/CANalyzerバージョン11.0 SP4向けの日本語化キットの提供を開始しました。CANoe/CANalyzerバージョン11.0 SP4の適用後にこの日本語化キットを実行いただくと、ソフトウェアの言語が日本語になります。
詳細はこちらから

 
> PREEvisionバージョン9.0 SP6(64bit)

ダウンロードはこちらから

 
> PREEvisionバージョン8.5 SP15(64bit)

ダウンロードはこちらから

 
> ASAP2 Tool-Setバージョン14.0 SP1

ダウンロードはこちらから

セキュリティインフォメーション

 
> TLS1.0による通信遮断について
セキュリティインフォメーション

ベクターグループではセキュリティー上の問題から、メール受信等においてTLS1.0による暗号化通信を遮断しております。このため、弊社ドメイン(@vector.com)宛てにメールを送信いただく際の暗号化手順にTLSを利用される場合は、TLS1.1以降のバージョンをご利用いただけますようお願い申し上げます。
詳細はこちら