ベクター・ジャパン株式会社

(本メールはこれまでにベクター・ジャパン株式会社の資料を請求いただいた方、展示会・イベントでベクターブースにお立ち寄りいただいた方にお送りしています。)

貴社益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

イベント情報や製品リリースなど、ベクターの最新情報をお届けします。

ベクター・ジャパン株式会社
マーケティング・コミュニケーション部

注目トピック

 
「Ethernetベーシック」トレーニングコースを新たに開設!

トレーニング:「Ethernetベーシック」コースを新たに開設

ベクター・ジャパンでは、次世代車載ネットワークとして注目を集める「Ethernet」に関するトレーニングコースを新たに開設しました。
 
このコースでは、OSIのレイヤーモデルを参照しながら、物理層から車載特有のアプリケーション層まで、それぞれの機能や役割に着目して概要を解説します。
 
コース詳細および申込みはこちら
 

プレスリリース

 
Timing-Architects社がベクター傘下に

Timing-Architects社がベクター傘下に

ベクターは、Timing-Architects Embedded Systems GmbHを完全子会社化しました。これにより、マルチコアリアルタイムシステム分野においてさらに包括的な
ポートフォリオを提供できるようになります。
 
本プレスリリースはこちら
 

 
ベクター、独SYSGO社とジョイントベンチャー設立

ベクター、独SYSGO社とジョイントベンチャー設立

ベクターとSYSGO AGは、組込ソフトウェア開発においてジョイントベンチャーを設立しました。これにより、AUTOSAR Adaptive Platformへの対応を強化した統合ソフトウェアプラットフォームが実現します。
 
本プレスリリースはこちら
 

 
「PREEvision」が車載Ethernet をサポート

ベクターの「PREEvision」が車載Ethernet をサポート

CANやFlexRayの拡張や部分的な置換えや新しいユースケース開発の際に「PREEvision」を使用することで、Ethernetネットワークやクラスターを包括的かつ明確に、ゼロから記述することができます。
 
本プレスリリースはこちら
 

 
「PREEvisionバージョン8.5」がReqIFとKBL 2.4をサポート

ベクターの「PREEvisionバージョン8.5」がReqIFとKBL 2.4をサポート

ベクターの「PREEvision」バージョン8.5では、E/Eエンジニアリングの柔軟なデータ交換を目的とする業界標準規格に新たに対応し、ReqIFおよびKBL 2.4の交換形式によるデータのインポート/エクスポートが可能です。
 
本プレスリリースはこちら
 

テクニカルアーティクル

 
仮想および実環境で動作可能な車載インフォテインメントシステムのGUI機能テスト

仮想および実環境で動作可能な車載インフォテインメントシステムのGUI機能テスト

車 載インフォテインメントシステムのGUIのソフトウェア統合には複雑なロジックが必要です。Testplant社「Eggplant Functional」によるGUIテストと、ベクター「CANoe」によるECUテストの組み合わせでシステム全体を効率的にテストします。
 
本テクニカルアーティクルはこちら
 

 
診断の自動検証は決して難しいことではない - 既存の機能をいかに活用するか

診断の自動検証は決して難しいことではない - 既存の機能をいかに活用するか

診断の検証はテスト自動化による工数改善が大いに見込めます。採用の拡がる診断通信のための標準規格(UDS)と診断記述形式(ODX)を使用して高度なテスト自動化を実現し、本来必要とされるECU診断機能を確実に利用できるようにします。
 
本テクニカルアーティクルはこちら
 

製品リリース

 
CANdelaStudioバージョン9.1をリリース

CANdelaStudioバージョン9.1

診断仕様書作成ツール「CANdelaStudio」のバージョン9.1がリリースされました。
 
バージョン9.1の主な新機能
> AUTOSARワークフロー
> セキュリティー - 認証
> DID関連機能の強化
 

新着動画

 
『ベクター・コングレス 2017』の講演動画をアップしました

ベクター・コングレス2017 講演

2017年11月28日に東京(品川)で開催された『ベクター・コングレス 2017』での下記の講演動画をアップしました。
 
> いすゞ自動車株式会社様: 車載計測
 
> 株式会社 本田技術研究所様: テスト効率化
 
> Vector Consulting Services: Functional safety and cyber security
 
> Vector Informatik GmbH: Diagnostics
 
> Vector Informatik GmbH: Adaptive AUTOSAR
 
> Vector Informatik GmbH: E/E Architecture
 
再生リストはこちら
 

メール送信先について 

購読申込
本メールはベクターの最新ニュースをお届けするニュースレターです。購読申込はベクターのWebサイトよりご登録いただけます。

本件に関するお問い合わせ先:
ベクター・ジャパン株式会社
マーケティング・コミュニケーション部
E-Mail: webmaster@jp.vector.com

 
お手数ですが、弊社からのメールを受信できるよう、差出人セーフリストに弊社のドメイン「@jp.vector.com」を追加してください。